業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

HOME » ピアノを売りたい人のための基礎知識 » ピアノを査定してもらう時のポイントを紹介

ピアノを査定してもらう時のポイントを紹介

買取 業者

近年はインターネットの普及にともない、ネットから簡単にピアノの査定を依頼できるようになりました。業者によってはピアノの品番や年式を入力するだけで簡単にオンライン査定することも可能となっており、以前に比べてピアノ査定のハードルは低くなったと言えるでしょう。

ただ、そのぶんピアノ査定に関して何の知識も持たないまま業者に依頼をしてしまう方も急増。その結果、相場より低い価格で買いとられてしまったり、業者とトラブルを起こしてしまったりするケースも少なくありません。

そこで今回はピアノを査定に出す時におさえておきたいポイントをピックアップ。納得できる価格でスムーズに買いとってもらうコツをまとめてみました。

ピアノ査定で起こりやすいトラブル例

ピアノ査定の基本的な流れは、業者に依頼→自宅での査定→見積もり作成→契約となります。

過程そのものはシンプルなのでトラブルが起こりにくいように思えますが、実際にピアノ査定を依頼した方の中には「こんなはずじゃなかった…」という経験をされた人もいるようです。

以下ではピアノ査定時によくあるトラブルをいくつか紹介します。

トラブル事例1.相場より安く買いたたかれた

初めてピアノ査定を依頼する方に多いのが、相場より安くピアノを買いたたかれてしまったというケースです。

「古いから」「状態が良くないから」といった理由でマイナス査定をつけられたものの、後から調べたら人気のある品番であることが判明したという事例は後を絶ちません。

中には値段がつくピアノを無料で持って行かれたという事例もあるので要注意です。

トラブル事例2.思わぬ追加費用を請求された

多くの買取業者は査定費用や見積もり作成費用を無料に設定していることが多いのですが、出張費やキャンセル費は別途有料とされるケースがあります。

特にキャンセル費に関しては人件費や車両代などがかさんで思わぬ出費になってしまうこともあるので注意が必要です。

トラブル事例3.査定時の金額から減額された

オンライン査定や電話査定の金額では高値だったのに、いざ引き取ってもらう段階になったら、当初より低い金額を提示された…というケースも多く見受けられます。場合によっては買取金額が大幅に減額されることもあり、トラブルの種になることが多いようです。

トラブルにならないために!ピアノ査定でおさえておきたいポイント4つ

ピアノ

ではトラブルを起こさず、かつ満足できる金額で買いとってもらうにはどうすればいいのでしょうか?以下ではピアノ査定で失敗しないためのポイントを4つまとめてみました。

ポイント1.買取相場を知っておく

大事なピアノを安く買いたたかれないようにするためには、あらかじめ買取相場を知っておくことが大切です。実際の買取価格は業者の在庫状況などによって異なりますが、人気のある品番であればよほど状態が悪くない限り、査定額が一定ラインより大幅に下回るということはありません。

業者によっては相手にピアノの知識があるか否かを見極めた上で査定価格を上下させるところもあります。ピアノのだいたいの買取相場はネットなどで簡単に調べることができますので、自分のピアノが市場でどのくらいの価格がつけられているのか、あらかじめチェックしておきましょう。

ポイント2.わからないことは査定前に質問する

たいていのピアノ買取業者では、自社サイトに査定時に必要なものや料金に関する注意点などを掲載しています。よく読まずにいきなり査定を依頼してしまうと、出張費やキャンセル料を取られてしまい、思わぬ出費を強いられてしまう可能性があります。

たとえ「無料査定」と記載されてあっても、どこからどこまでが無料なのか。追加費用はかからないのか、など料金に関する項目をよく確認してから査定をお願いするようにしましょう。もし公式サイトなどに記載されていなかった場合は、メールや電話などで事前に問い合わせるとトラブル回避につながります。

ポイント3.ネット・電話査定ではできるだけくわしい情報を伝える

ネット査定や電話査定はその場で簡易的な見積もりを取れるとても便利なサービスですが、その反面、実物を見ていないため正確な査定を出してもらいにくいという欠点があります。

ネットや電話では高額査定をちらつかせ、実際に引き取る際に大幅減額を提示してくるという悪徳業者も存在しますが、それ以外にも、ピアノの正確な状態を伝えられなかった場合、実際の査定でマイナスがついてしまうこともあります。

後者のケースはよりくわしい情報を伝えることである程度トラブルを防ぐことができますので、ネット査定や電話査定を利用する時はなるべく細かい情報も業者に伝えるようにしましょう。

具体的には傷や打痕がないかどうか。ペダルをきちんと踏めるかどうかなどです。また、ネット査定や電話査定の結果がどこまで保証されるかもあらかじめ確認しておきましょう。

ポイント4.査定結果について説明を求める

ピアノ買取の査定基準は業者によって異なりますが、おおまかなチェック項目は以下4つとなります。

  • メーカー
  • モデル(型式)
  • 年式
  • 状態

メーカーに関してはヤマハとカワイの2つに高値がつきやすい傾向にありますが、希少なピアノメーカーについてはプレミア価格がつくこともあります。

モデルや年式については基本的に新しいものほど高価買取してもらいやすくなりますが、人気の度合いによっては旧式のものや古いものでもそれなりの価格がついたりします。

ここまででだいたいの価格相場は決まりますが、ピアノの状態によっては買取価格が増減することもあります。

比較的きれいな状態で保管されていた場合はプラス査定がつきますが、傷や不具合などが認められた場合はマイナス査定がつく原因となります。

とはいえ、中古ピアノである以上、多少の傷があるのは想定内のことなので、塗装がはがれるほどの深い傷や大きな傷がついていたり、ペダルや鍵盤が壊れていたりする場合を除けば、査定額が大幅に減額されることはありません。

もしネット査定や電話査定よりも減額された場合は、そのまま納得したりせず、なぜそのような査定がついてしまったのか、きちんとした説明を求めましょう。

もちろん減額されていなくても、どういう理由でこの価格を提示したのかくわしい話を聞いておけば、他社の見積もりと比較する時に有効な判断材料となります。

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ