業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

HOME » ピアノを売りたい人のための基礎知識 » 【番外】ピアノ処分にかかる費用

【番外】ピアノ処分にかかる費用

本ページでは、ピアノが買取不可となった場合の処分に関しての情報や、まずは買取査定を依頼するべき理由についてご紹介していきたいと思います。

ピアノ処分は、あくまで買取不可の場合の最終手段

最初に申しあげておきましょう。
ご自宅(あるいは職場や学校、施設などでも)でピアノが不要になった、あるいは何らかの理由で手放さなければならなくなったという場合、はじめから廃品として処分しようとしてしまうのは早計すぎます。

中古のピアノというものは買取依頼することができ、それなりの値段で買い取ってもらえる可能性がある品なのです。
メーカーや機種、年式などにもよりますが、アップライトピアノなら数万円~10数万円程度、グランドピアノでコンディションのよいものなら50万円といった金額も有り得ないことではありません。

そうした価値がつくかもしれないピアノを、はじめから廃品処分しようとしてしまうのは、はっきり言って愚の骨頂です。

「どうせ値段なんかつくはずがない」と思い込むのは禁物。まずは、実際に査定を依頼してみましょう。

「買取不可」と言われても、諦めるのは早い?

はじめの1社から「ひと口にピアノ買取業者といっても、それぞれに得意・不得意とするメーカーや機種、販売ルートや修理業者とのコネクションといったものが異なります。

仮にA社が買取不可だった場合でも、B社、C社は買取してもらえる可能性は十分にあるのです。
さすがに10社以上に査定依頼するというのは現実的ではありませんが、3社~5社程度に査定を依頼し、その中から一番よい条件を提示してきた業者に買取を依頼するというのが鉄則であり王道です。
この点はぜひ踏まえておいてください。

逆に言えば、ピアノの廃品処分というものは、査定を依頼したすべての業者から値がつかないとされ、さらに「無料でよければ引き取ります」という申し出もなかった場合にはじめて検討すべき、最終手段だということです。

買取査定を依頼する前に…

ピアノの埃や汚れなどは落としておきましょう。ただし、そのやり方を間違えると、却って逆効果となってしまいますので要注意。
市販の化学薬品やクリーナー、雑巾などは使わず、ピアノ専用のクロスやクリーナーなどを使用するように心がけてください。

一方、調律の狂いや一部の鍵盤の不具合などがあっても、実費をかけて修理や調整する必要まではありません。
それらの費用と査定のマイナス額は釣り合わない場合がほとんどだからです。

買取不可、値がつかないとなってしまうピアノとは?

ピアノの廃棄処分はあくまで買取不可と判断された場合の最終手段ではあります。しかし、世の中には買取不可と判断されてしまうピアノというものも確実に存在しています。

そうなってしまう場合の理由は「老朽化」もしくは「故障・ダメージ」の度合いが、一定以上に達してしまっているというケースがほとんどです。

例えば製造から30年以上の場合は買取不可となる確率があがりますし、「故障・ダメージ」は本体の大きな亀裂や音が鳴らない、シロアリや鼠被害、火災や水害にさらされた場合などが該当します。

しかし、上記のような条件に当てはまったとしても、はじめから廃棄処分を考えるのではなく、何社かの買取業者に査定を依頼してみるべきです。

その上で、その業者からも買取不可とされたなら、その時点であらためて廃棄処分を考えるべきです。決してはじめからあきらめるべきではありません。

ピアノの廃棄処分、その方法と費用は

改めて、ピアノを手放す際の最終手段としての廃棄処分について見ていきましょう。

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

不用品の処分として真っ先に思い浮かぶ方法ですが、現実問題として自治体によってはピアノは粗大ゴミの対象外としているところが多いのです。

これは重量や大きさがあるというだけでなく、解体に専門のノウハウが必要で困難という理由もあるようです。

まずはお住まいの自治体に問い合わせ、粗大ゴミとして引き取ってもらえるのかを確認してみてください。可能な場合の費用についてもお忘れなく。

不用品回収業者への依頼

不用品回収業者は実費を払って廃品回収を行う訳ですから、ピアノ不可としているところはほとんどないと思われますが、念のため、依頼時に確認しておいた方がよいでしょう。

ピアノ廃棄処分の費用は?

気になる料金に関しては、それこそ回収業者によってまちまちです。

例えば「ピアノ引き取り25,000円から」と明記しているとこともあれば、「軽トラック1台分プラン3万円」が適用されるといった場合も。
加えて搬出にクレーンなどの重機が必要な場合や、車輌が建物前まで進入できない場合は追加料金が発生する場合もあるようです。

いずれにせよ、この場合も買取業者選びの場合と同じく、回収業者としての口コミ評判や料金などをしっかり吟味して選ぶようにしてください。

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ