業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

HOME » ピアノを売りたい人のための基礎知識 » 優良業者の選び方

優良業者の選び方

本ページでは、ピアノ引き取り業者を選ぶ際に悪徳業者を避け、優良業者を見極めるポイントについてご紹介していきたいと思います。

ピアノ引き取り業者、失敗しない選び方とは?

「引き取ってもらうまでの流れ」のページでも触れています通り、ピアノの買取依頼というものは、人生でそうそう頻繁に行うことではありません。
それゆえ、いざ業者選びをするとなった場合、どの業者を選んでよいか、どのように選べばよいか、戸惑ってしまう方も多いことでしょう。

もちろん、行き当たりばったりで選んでしまうのは厳禁です。たまたま、その業者が優良なところであれば問題ありませんが、いわゆる悪徳業者に当たってしまうリスクも十分ありえるからです。
そして、そうした悪徳業者を避けるためには、あらかじめその手口を知っておくことが大切です。

出張査定時にお金を請求してきた…

ピアノ買取業者というものは、ほぼすべて出張査定は無料とアピールしていますが、悪徳業者の場合、実際に査定に出向いてきた際に、臆面もなく前言を翻してきます。
特に、査定金額に納得できず断ると、態度が豹変し、出張交通費や人件費を要求してくるというのが常套手段です。

そうした場合は、出張査定無料と謳っている印刷物やホームページなどを楯に、毅然と支払いを拒否しましょう。
それでも居座ったり脅したりしてきた場合は、迷わず警察に通報すべきです。

無料なら引き取ってもいいと言われた…

出張査定の際に行なってくる手口として、買取の値段はつかないが、無料でなら引き取ってもいいと言いくるめるというのがあります。

たしかに、老朽化やダメージがあるピアノの場合、そうなる可能性もあります。
しかし、悪徳業者は本来であれば値段のつくピアノの場合も、そう言いくるめてくるのです。そうした損害を回避するためにも、必ず複数の業者に査定を依頼するべきです。

当初の見積もり額と大きく違った見積もりを出してくる

せっかく買取一括査定をするのだから、査定額が一番高い業者に依頼したい。そう思ってしまいますが、実際は注意が必要です。中には、わざと高い金額を提示して、訪問時にはいろいろと難癖をつけて査定額を減額する悪徳業者もいるからです。

そのような場合でも、別の業者に依頼しなおす手間などを考えて、査定額を受け入れてしまう人も多いようです。事前の査定額と出張査定との金額に大幅な開きがあるときは、勇気を出して買取を断りましょう。

対応が適当だったり感じが悪い

悪徳業者は、カモになる客を探しています。最初は丁寧でも、詳しく質問したり確認したりして業者にとっていい客ではないと判断された場合、ガラッと対応が悪くなることがあります。

こうした厄介な業者と関わってストレスを感じたり、大切なお金を失うリスクを減らすために、一括査定依頼後の電話は一つの判断基準になります。担当者の対応や言葉遣い、背後の聞こえてくる音などからも業者のレベルを推し量ることができます。

業者からキャンセル料を請求された

買取業者は、ピアノを引き取りするために車やスタッフを手配します。グランドピアノであれば、専用運搬車の運行経費と最低3名分の人件費がかかる計算になります。これらの経費は、回収がキャンセルになった際に請求されることがあります。業者によってキャンセル料の発生する条件は様々ですので、いつ・どんな場合に・いくらキャンセル料がかかるのか、査定時にしっかりと確認をしておきましょう。

買い取り後の販売先を確認しておく

近年はネットオークションやフリマアプリなどの普及から、誰でも気軽に中古品を手に入れることができるようになりました。大切にしてきた自分のピアノが、これらのサービスで売られることに抵抗を感じ、ショックを受ける人もいます。そんな事態を避けたい場合には、事前に買い取り後の販売先を業者に確認しておきましょう。

優良な業者を選ぶにはどうしたらいいの?

判断材料としては、なんといっても、実際にその買取業者に依頼した方々による、評判や口コミというものがあります。

その業者の接客姿勢や買取金額、搬出作業の丁寧さなど、実際の生の声というのは、大いに参考になるはずです。

もちろん、なかには「スタッフの対応が悪かった」とか「床にキズをつけられた」などの悪評も見つかることでしょう。
ただし、注意すべきは、そうした悪評の中には、ライバル業者による捏造も含まれている場合があるという点。
特に、誰でも書き込める匿名掲示板などの場合は、その点にも留意が必要です。

いずれにせよ、大切なのはできるだけ多くの情報を集め、それらを総合的に判断して依頼業者を選ぶというのが、最も成功率の高い方法と言えるでしょう。

ピアノの買取相場と査定価格を確認する

買取業者の中には、「この中古ピアノには価格がつけられない。本当は処分費用がかかるけれど、特別に無料で引き取ってあげる」といった手口で、相場を知らない売主をだまそうとする者がいます。引き渡した後で後悔しないためにも、事前にインターネットで自分のピアノの買取相場を調べておくことは大切です。年式や状態によっても査定価格は変わります。相場より低い場合は、その理由をきちんと説明してもらいましょう。

ピアノ買取業者の実績を調べる

買取業者の実績や評価は、その業者が優良であることを示す指標のひとつです。ホームページ等で実績を確認することで、信頼感を持って依頼することができます。また、事業者が中古品を売買する場合には「古物商許可」を取得する必要があります。これは都道府県の公安委員会に対して申請するもので、審査には身分証明書や誓約書等が必要です。この届出がきちんと行われていれば、警察の審査を通過した買取業者であることが証明されます。

認識のずれが無いように話し合いをしておく

ピアノ買取の事前査定は、ネット上から簡単な入力で申し込むことができます。そのため、回収当日に買取業者が現状を確認して、査定額を減額するケースも見受けられます。トラブルの原因となることもあるので、業者との認識のずれが無いように、事前にきちんと話し合うことが必要です。

傷の大きさや搬出ルートなど、査定に関わりそうな情報は事前にしっかりと伝えることが大切。査定申込ページに入力欄がない項目の場合は、電話やメールで別途連絡しましょう。

一社一社、丁寧に見極めていく

一括査定サイトの登録業者は、一定の審査基準をクリアした業者なので悪徳業者に出遭う確率は低いと言えます。一括サイトは多くの業者に一度に見積を出せるため手間が省けますが、複数の業者から営業を受けることになり煩わしさを感じる人もいるでしょう。煩わしい思いをすることなく優良な業者を選ぶには、一社一社細かくその業者を見ていく必要があります。参考程度に口コミや評判を見ながら、実際に気になる業者のホームページを訪問してサービス内容をチェックしてみましょう。気になる業者がいたら、電話やメールで問い合わせをして反応を見てみるのが大切。何社かに見積を出して、出張査定をすることになったら、営業担当者の対応を見てスピード感や自分との相性をみて最終的に一社に絞り込んでいくとよいでしょう。

トラブルが起きた場合は消費者ホットラインへ相談する

買取業者との間にトラブルが起きてしまった場合には、泣き寝入りをせず「消費者ホットライン188番」に連絡しましょう。最寄りの消費生活相談窓口を案内してくれるサービスで、全国共通の電話番号です。消費生活相談窓口では、相談だけでなく情報提供も受けています。

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ