業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

HOME » 希望別に調べたピアノ買取業者の厳選リスト

希望別に調べたピアノ買取業者の厳選リスト

本カテゴリーでは、利用者の要望が多い「高額査定」や「買取実績数」を基準にした、ピアノ買取業者を選ぶポイントをピックアップしてご紹介します。

ピアノ買取相場はいくらくらい?

ピアノ

新しいピアノが欲しい、もう弾かなくなってしまったなどの理由でピアノを処分する場合、まずは買取を検討するのが一般的です。

ピアノの価格は幅がありますが、どんなメーカーのものであっても安くはありませんから処分するよりも買取をしてもらった方がお得です。

そこで気になるのが、いくらぐらいで売れるのかということではないでしょうか。買取価格の相場は、定価の半額から1/3ぐらいが目安とされています。

つまり10万円のピアノの場合、3万円から5万円が買取相場となります。

ただし、相場はあくまでも目安でしかありません。

中古ピアノの査定条件は保存状態やピアノの種類、モデル、製造年が基本です。この査定条件によって買取価格が決まります。

つまり同じモデルのピアノであっても、製造年が古すぎたり、保存状態が悪かったりすれば買取価格は違います。そのため、一概にこのモデルなら○○円というような買取価格の相場が決まっていないのです。

また、ピアノの場合は単に保存状態が良いから高額で買取してもらえるというわけでもありません。壊れているとしても、有名で需要が高い人気モデルであれば高く買い取ってもらえることもありますし、逆に保存状態が良くてもありふれたモデルだと買取価格も安い場合があるのです。

また、同じ査定条件のピアノであっても、ピアノ買取業者によって価格は異なります。例えば、スタンダードなヤマハのライトアップピアノでも、A社は15万円の買取価格で、B社は8万円というように大きな開きがあります。

業者によってこれだけの差があるのですからいくら買取相場を目安にしたとしても、それだけで買取価格が適正かどうかを判断することはできません。

相場程度の査定価格が提示されても、他の業者ならもっと高い査定額になる可能性もあるのです。買取金額にこだわらない方でも、大事なピアノを売るのですから、その価値に見合った価格を提示してもらいたいですよね。

そのためには、単に買取相場を目安に判断するのではなく、自分のピアノの相場を知ることが必要です。ですので、1社で見積りを出してもらって決めるのではなく、複数のピアノ買取業者に査定をしてもらって的確な相場を出すのが正解です。

高額査定や実績数でピアノ買取業者を解説

実績

率直に言ってしまいますと、ピアノを売りたいと望む方にとっての最適の買取業者というものは、100人いたら100通りのように、個々の案件ごとに異なります。例えば、ヤマハの比較的新しいモデルと、知る人ぞ知る希少価値のあるメーカーのモデル(例えばオオハシなど)では、当然、適した業者は異なってきます。

とは言え、ピアノの専門家ではない一般人にとってそれを判断するのはなかなか難しいもの。そこで、ピアノ買取業者を選ぶポイントを、改めて解説していきましょう。

業社選びで押さえておきたい2つのポイントとは?

無料査定をしているか

まず、無料査定を行なっていること。逆に言えば、無料査定でない業者は、その時点で候補から外してしまいましょう。

メンテナンス体制と販売ルートをチェック

その上で、その業者の修理・メンテナンス体制と、どのような販売ルートを持っているかは大きな判断材料です。これらの要素が充実していればしているほど買取実績も必然的に多くなり、高額査定の期待も高まるからです。例えば、買い取ったピアノは中古として国内販売するのか、海外に輸出するのかといった具合です。

査定依頼の流れ

大まかに分けると、電話やメールなどでメーカーや型式、製造番号、現在の状態などを伝えて査定するというやり方と、業者が直接ピアノの設置場所に出向いて査定するやり方の2種類があります。

どちらの場合でも、査定に不満の場合「無料でキャンセルできる」ことを明言している業者は、信頼できる業者だといえます。逆に、キャンセル料や出張費名目で金銭を要求してくる業者には要注意です。

こうした点を踏まえた上で、「高額査定」、「買取実績数」という条件ごとのおすすめ業者をピックアップしました!ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

買取価格が高い

ピアノの買取価格は業者によってまったく違います。といっても、中古買取業者すべてに見積もりを依頼するわけにもいきません。

効率よく見積もりを依頼するには、買取価格が高い業者のポイントをおさえておきましょう。

高く買い取ってくれる業者というのは、中間業者が入っているか、自社で修理を行っているか、海外など販売ルートが広いかなどがポイントです。

中間業者に委託していなければ余計なコストがかからないので、その分買取価格が高くなります。

自社で修理して海外に販売するルートを持っている業者であれば、壊れたピアノでも販売できるので、利益分を買取価格に反映してくれますから、知名度ではなく買取方法や販売ルートで選んで見積もりを依頼しましょう。

買取実績数が多い

ピアノ買取業者はたくさんあるので、買取のスタイルや販売ルートをいちいち調べるのも大変かもしれませんね。

そんな時は、買取の実績数をチェックしてみてください。

買取実績が多いということは、それだけ広い販売ルートがある証拠です。海外などに販売ルートを持っているのであれば、買取できないと言われたピアノでも買い取ってくれるかもしれません。

販売ルートが確保できていなければ、程度が良いピアノや人気のモデル以外のものだと販売できないため、買取の実績が少なくなってしまいます。

買取ができなければ販売する台数も限られるため、その分収益もないのですから、買取価格もかなり削られてしまいます。

買取実績があれば、それだけ販売していることになるのですから利益率もよく、それが買取価格にも反映されます

ですので、見積もりを出してもらう業者は買取実績を目安にしましょう。

買取価格が高い!おすすめ業社3選をチェックする>>

買取実績数が多い!おすすめ業者5選をチェックする>>

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ