業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

TOP » ピアノの豆知識

ピアノの豆知識

ピアノという楽器

ピアノは楽器の王様と呼ばれていますが、開発された当初はピアノという名前ですらありませんでした。チェンバロという楽器から派生して生まれたピアノは、段々と改良を重ね、世界中で認められる楽器となりました。特に、19世紀になって開発された鉄骨やワイヤーが活用されるようになり、今のように音の響く楽器へと進化しました。広い音域を出すことができるという特徴、そして両手を使って、そして複数の演奏者が弾くことができる点、同時にいくつもの音を重ねる和音が出せるという点が、ピアノが楽器の王様と呼ばれるほど人気となった所以と言えるでしょう。

>>「ピアノという楽器」を詳しく確認する

ピアノの歴史

ピアノがいつ生まれたか知っているかご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。1700年代初頭、イタリア人の楽器製作者によって、チェンバロという楽器の派生として生まれました。名前をクラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテと言いました。爪で弦を弾く方法からハンマーで弦をたたく方法へと変化し、19世紀となって生み出されたミュージックワイヤーや鉄骨を用いることで現代のピアノへ進化しました。現代ではピアノで演奏されることが多いバッハの楽曲ですが、その時代にはピアノが存在しなかったため、実はチェンバロのために作られています。

>>「ピアノの歴史」を詳しく確認する

ピアノが黒い理由

ピアノと聞いて思い浮かべるのは白を基調とした鍵盤に黒塗りのピアノではないでしょうか。1700年代に開発されたピアノは黒塗りではなく、木目調のものでした。鍵盤こそ今と同じ白を基調としたものでしたが、全て木で作られており、変色を防ぐために鍵盤の白と黒を入れ替えたピアノが製作された時代もありました。外装の色は、1800年代初期にドイツ人医師によって日本に持ち込まれた後、日本の各地に広まったピアノは雨と湿気の多い日本の気候に合わせるために漆で黒に塗り上げられ、以降黒いピアノが世界中に広まったという噂も残っています。様々な改良がなされて今のピアノの形になったのですね。

>>「ピアノが黒い理由」を詳しく確認する

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ