業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

HOME » 種類別に調べたピアノ買取り相場 » エレクトーンの買取相場

エレクトーンの買取相場

本ページでは、ヤマハの電子オルガンの登録商品でもある、エレクトーンに関して、買取事情や相場価格などをご紹介していきたいと思います。

ヤマハの電子オルガン、エレクトーン、その買取相場はいかに?

エレクトーン

まずは、そもそもエレクトーンとは何か?どういう楽器なのかについておさらいしておきましょう。

意外とご存知ない方も多いようですが、エレクトーンとは、ヤマハが手掛ける電子オルガンの登録商標です。他社メーカーが手掛ける類似製品もエレクトーンと呼んでしまうのは、厳密には誤りです。

かつてはピアノと同様に、お子さんの音楽系の習い事の定番でしたが、少子化や住宅・騒音問題、省スペース性などの問題から、全盛期に比べ、需要は下がり続けているのが現状。

一方で、独自の音色や演奏法は音楽業界でも高い需要があり、さらにはプロ演奏者も多数存在しています。

そんなエレクトーンの気になる買取事情ですが、率直に言ってしまいますと、アコースティックピアノほどに買取価格は高くなく、電子ピアノよりは少しよいといった感じです。

電子ピアノと同じく、ピアノ買取業者によっては買取可能と不可が分かれる傾向があります。この点に関しては、あらかじめ踏まえておいてください。

より具体的にエレクトーンの買取事情を掘り下げていきますと、エレクトーンで買取可能とされているのは、おおよそ製造から10年以内のもの。シリーズ名で挙げると、「ステージア(ELSシリーズ)」や「STAGEA mini(ELBシリーズ)」、「D-DECK」など。

逆に、10年以上前になると、買取不可となるケースが多くなっていく傾向にあります。

ただし、実際に値かつくかどうかは、買取業者次第という側面もあります。またピアノ買取専門業者ほどではありませんが、エレクトーン専門の買取専門業者というものも少数ながら存在していますので、そうした業者であれば、買取してもらえる可能性はより高くなるでしょう。

つまり、ピアノの場合と全く同じく、はじめから諦めてしまうのは早計です。臆せず査定依頼をしてみてください。

  • EL-700:約3万円
  • ELB-01:約2万円~約3万円
  • ELS-01:約10万円
  • ELS-01U:約15万円~約17万円
  • ELS-01C:約10万円~約12万円

エレクトーン買取の前に知っておきたい型番ごとの特徴

ELS-01シリーズは六角レンチで分解・組み立てられるのが特徴

STAGEAシリーズとも呼ばれる本シリーズ。スタンダードモデルがELS-01、カスタムモデルがELS-01C、プロフェッショナルモデルがELS-01Xです。

そして2012年発売のELS-01CHは、カスタムモデル・ホームエディション。本体はカスタムモデルELS-01CUレベル、スピーカーと椅子がスタンダードモデルで、スタンダードモデルとカスタムモデルの中間に位置します。

ELS-01シリーズは六角レンチで分解・組立ができるので簡単に移動可能な点が特徴。

また下位モデルからのバイタライズが可能で、交換ユニットで上位機能を持つモデルと同等の機能にグレードアップが可能になっています。そのため、バイタライズしてあるかどうかも買取価格に大きく影響します。

グレードアップしやすいカスタムモデル・プロフェッショナルモデルが中古市場では特に人気があります。

ELSシリーズは、初期からメディア対応していて、最初はスマートメディア、後期はUSBメモリに対応していて、2016年にサービス終了したインターネットダイレクトコネクションサービスからネット購入したレジストレーションの登録が可能でした。

ELS-02シリーズ

ELS-01と同じく、スタンダートモデル、カスタムモデル、プロフェッショナルモデルがあり、それぞれ、ELS-01、ELS-01C、ELS-01Xの後継機種です。現行モデルなので査定に出すのが早ければ早いほど高値が付きます。ただ分解・組立ができないため、出張買取に対応している業者を選んだほうがいいでしょう。

D-DECKシリーズ

ライブの向きに軽く、パーツごとに分けてセッティングできるように作られたシリーズです。本体部分(鍵盤部分)をELCU-M02に買い替えとELC-02同等の機能になるので、10年以上経った機種でも売れる可能性が十分あります。

ELBシリーズ(STAGEA mini、Basic)

STAGEAシリーズの派生品といった機種。ELB-01は、初心者向けのエントリーモデル。ELB-02は高い演奏機能を備え大人でも満足できる能力を備えています。

ELB-01は55kg、ELC-02は重量が50キロ程度で「持ち運べる」点が大きな売りになっています。

ELシリーズ

今では当たり前のシーケンサー機能、AWM音源が初めて採用されたシリーズです。古いモデルと下位モデルはなかなか値段が付きませんが、上位モデル、EL900番台か700番台の機種なら買い取ってくれる業者も多いです。

ただEL-500あたりはなかなか査定がつきにくいよう。積極的にエレクトーンの買取を行っている業者でも、ELシリーズは買取不可という業者もあります。

エレクトーンを買い取ってくれる買取業者6選

エレクトーン・電子ピアノは値段がつきにくく、ピアノ買取業者では買い取ってくれないケースも多いようです。

ですがいくつかの業者に断られたからといって諦める必要はありません。エレクトーンの買取を行っている業者を紹介していきますので、まずは査定をお願いしてみましょう。

1.中古楽器堂

エレクトーンに限らず、アンプや電子ドラムなど様々な楽器の買取をしてくれる業者です。買取対応地域は日本全国。ELS-01C typeU カスタムモデルを買取強化中です。買取相場は公開されていません。

2.島村楽器

38都道府県、計163ヶ所に販売店舗と音楽教室を持つ、総合楽器店です。また楽器以外では防音室の買取なども行います。

出張買取は、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬、新潟、長野、愛知、岐阜、三重のみですが、宅配買取、店舗買取も行っているのでエレクトーンであれば全国どこでも買い取ってもらえます。買取相場は公開されていません。

3.青葉ピアノ

ピアや電子楽器の修理販売、買取の他、ピアノのレンタルや音楽教室を行っている業者です。

現在クトーン査定対象はSTAGEA(ステージア)シリーズのみのようです。買取相場は公開されていません。

4.冨田ピアノ

創業50年を迎える老舗の業者で、中古ピアノの買取・販売だけではなく音楽教室も行っている業者です。

買取エリアは東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県の他、山梨県・長野県の一部地域。買取相場は公開されていません。

5.ピアノパワーセンター

埼玉に実店舗を2店舗構える業者です。ピアノの買取がメインですが、店舗では中古エレクトーンの販売も行っています。問い合わせてみると買取してもらえる可能性あり。買取相場は公開されていません。

6.富士楽器

番外になりますが、無料引き取りを行っている業者です。査定しても値段が付かず、お金をかけずに処分したい場合におすすめ。引き取ってもらったエレクトーンは、途上国に送られます。

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ