業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

ヤマハ

本ページでは、ヤマハのアップライトピアノについて、機種ごとの特徴と買取相場価格についてご紹介していきたいと思います。

ヤマハのアップライトピアノ、買取事情と相場は

ピアノの流通市場において、最も個体数が多いと言ってしまってよいのが、この「ヤマハ製アップライトピアノ」という括りです。

中古としての購入ニーズも高い反面、在庫が飽和気味となりやすい傾向も否めません。ただし、その点を差し引いても「ヤマハ」というブランド力は大きな強みと言えるでしょう。

そんなヤマハのアップライトピアノの中で、買取業界での主力となっているのは、ズバリ、Uシリーズです。と言っても、このUシリーズは1948年の発売以来、ヤマハの主力製品で実に多くのバリエーションが存在しています。

U1EやU10Fといった具合に型番が表されますが、大まかに言えばUはシリーズ名、数字は弦長(サイズ)、アルファベットが年代となります。ごく一部ですが機種ごとの買取相場は以下のようになります。

  • U1D:約1万円~
  • U1E:約2万円~
  • U1F/U1G:約3万円~
  • U1H:約5万円~
  • U1M:約7万円~
  • U2A(1982年以降モデル):約5万円~
  • U2C:約2万円~
  • U2H:約5万円~
  • U3C/U3D:約1万円~
  • U3E~U3M:約2万円~10万円
  • U30BL(木目モデル):約13万円~
  • U30A(木目モデル):約15万円~
  • U5AS:約10万円~
  • U5H:約4万円~
  • U7H:約6万円~

そして、長らくスタンダードだったUシリーズの後継となったのが、90年代終盤より発売された、YUシリーズと、2000年代以降のYUSシリーズです。いずれも、ヤマハのアップライトピアノの本流という位置づけになります。

  • YU1:約13万円~
  • YU3:約18万円~
  • YU5:約25万円~
  • YU10:約14万円~
  • YUS1:約20万円~

そしてヤマハのアップライトピアノには、上記のようなスタンダードモデルの系譜に加え、さまざまなバリエーションも存在しています。例えば、初心者やお子さん向けとしてラインアップされたYMシリーズ。Modern Console(モダン・コンソール)の頭文字を取り、小型で日本家屋のリビングとのマッチングを重視したMCシリーズなどがあります。これら以外にも多数のバリエーションがありますので、買取業者の査定は、積極的に依頼してみてください。

  • MY10:約8万円~
  • MC10A:約7万円~
  • MC301:約6万円~
高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ