業者選びから査定の知識まで、中古ピアノ買取の徹底ガイド

高値で売りたい!ピアノ買取業者の選び方ナビ » 中古ピアノ買取りで評判の業者カタログ【決定版】 » ドレミ楽器

ドレミ楽器

本ページでは、浜松のピアノ買取業者「ドレミ楽器」について特徴や口コミ評判、実績、企業概要などをご紹介していきたいと思います。

ピアノ聖地の買取業者、ドレミ楽器

ドレミ楽器_キャプチャ画像
引用元:ドレミ楽器公式HP
http://www.doremipiano.co.jp/

ドレミ楽器は言わずと知れた日本国内のピアノの聖地、静岡・浜松にて、1947年に設立という老舗の業者になります。

ピアノの買取はもとより、修理、調律、さらには自社で再生した中古ピアノの国内小売販売、さらには業者への卸売販売も手がけており、年間の買取実績は4,000台(2023年11月調査時点・公式サイトより)と記載されています。

加えて老若男女を対象としたピアノ教室も運営しているとのこと。

レッスンには同社ご自慢のグランドピアノが使用されるそうです。

そんなドレミ楽器に関して特筆すべきは、アメリカはフロリダ州オーランドに現地法人ドレミUSAを擁している点。

国内で買取られたピアノは、同社の工房にて熟練の職人の業によって修理・修繕された上で、一部は自社で国内販売されるとのことですが、多くはドレミUSAを通じて、アメリカに輸出されるのだそうです。

買取実績も、アメリカという大きなマーケットでの販路を確立しているからこその数字なのでしょう。

おすすめのピアノ買取業者を見る

スタンウェイの修理工場をメキシコにて運営

同社はメキシコにてスタインウェイ専門の修理工場も運営しています。こうした点からも、同社の技術力の高さがうかがえます。

気になる買取の条件に関しては、まず中国・韓国製ピアノは対象外とのこと。

また、水害や火災、鼠害などは同業他社の多くも不可条件としていますが、同社では加えて飲食店で使用されたもの、タバコのヤニがひどいものなども対象外。

黒や木目系以外の塗装のものは、ものによっては不可となる場合もあるようです。この辺は、同社の独自のこだわりといったところでしょうか。

ちなみに電子ピアノおよび自動演奏付きピアノも不可とのことです。

以上の通り、買取条件には比較的こだわりが見られるものの、逆に言えばメーカーや年式などには特に条件を設けておらず、こだわりと技術力が見受けられます。

さすがはピアノ聖地の老舗業者といったところでしょうか。

古いピアノの処分方法と費用は?
買取不可と言われても対応可能な業者とは?

ドレミ楽器利用者の口コミ・評判

引き取り業者の口コミは?
評判の良いピアノ買取業者を探す

ドレミ楽器DATA

運営会社 株式会社ドレミ楽器
本社所在地 静岡県浜松市東区天龍川町340
設立 1947年
対応エリア 全国
古物商免許 愛知公安委員会許可 第543850204300号
営業時間 9:00~20:00
 
▲ページトップへ