業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

TOP » 種類別に調べたピアノ買取り相場 » アップライトピアノの買取相場

アップライトピアノの買取相場

本ページでは、市場流通量の多いピアノであるアップライトピアノについて、各種の情報をおさらいしながら買取相場についてもご紹介していきたいと思います。

アップライトピアノについての考察、および買取相場情報

家庭用のピアノとしては最も一般的であり、幼稚園などにも設置されていることが多いピアノが、アップライトピアノです。

グランドピアノは地面と水平に弦が張られているのに対し、アップライトピアノでは弦と響板を縦方向に配置しているのが最大の違い。そのため、奥行きを60cmから80cm程度に収めることができ、スペースを取らずコンパクト。

一般的な家庭でも十分に設置でき、価格の面でもグランドピアノより格段に安価なため、流通量はグランドピアノをはるかに上回ります。

一方、ピアノの音質や音色、響き具合、表現力、高度な奏法への対応性といった点ではグランドピアノには及びません。

あくまでも一般ユーザーが趣味の一貫として使用する、プロの場合は練習用として使用するという役どころになります。しかし、幅広いユーザーがピアノに親しむ間口を広げたという意味では、非常に大きな役割を果たしたと言えるでしょう。

そうした特性ゆえに、アップライトピアノの買取依頼の際には、踏まえておくべきことがひとつ。

それは、アップライトピアノというものはグランドピアノに比べ、一般の方でも入手しやすく、それだけ流通量も多いということ。つまり、買取の際も、グランドピアノのような価格がつくことは、よほどのこと(例えばオオハシなど希少価値がある機種)がない限りありえません。

より具体的には、ヤマハやカワイの製品であっても、昭和時代の製品の場合、5万円を下回わってしまうことはざらで、古い機種の場合は1万円台ということもありえます。

平成以降生産のもので比較的新しく、コンディションがよいものなら10万円~20万円という値段がつくことも。

グランドピアノと比べて、年式の古さによる値落ちスピードがより早い傾向があります。そうなってしまう理由には、流通量の多さもさることながらモデルチェンジのサイクルが早いという点も挙げられます。

もうひとつ、アップライトピアノの場合、黒色よりも木目やブラウンといったもののほうが、同じ機種で同じ条件だった場合、高値となる傾向があります。