業者選びから各種の知識まで、ピアノ買取依頼の徹底ガイド

ベーゼンドルファーピアノ

ベーゼンドルファーピアノとは?

多くの作曲家を輩出したウィーンで、1828年に設立されたメーカー「ベーゼンドルファー社」が手がけるピアノです。ベーゼンドルファーは「スタインウェイ」と「ベヒシュタイン」に並ぶ世界三大ピアノメーカーの一つ。作曲家やピアニストのアドバイスを取り入れ、何度も改良を重ねて生み出された美しい音色は「ウィンナー・トーン」と呼ばれ、ベーゼンドルファーの代名詞となっています。

ベーゼンドルファーピアノは、鍵盤を叩いた後の音の伸びが長く、クラシックはもちろん、ジャズやポップスなど幅広いジャンルに対応できる、柔らかく多彩な音色が特徴です。

ベーゼンドルファーピアノは、オーストリアの工場で1台1台作られていますが、木材を乾燥させる期間を合わせると、ピアノ1台が完成するまでにかかる年数は約6年。使われる木材は80%以上が、オーストリア・アルプスで育った、木目の美しい密度の高いスプルース材です。その構造にも大きな特徴があり、一般のピアノのように響板で音を鳴らすのではなく、響板と同じ板を側面にも使用し、ピアノ全体で音が鳴るように設計されています。

また、一般的なピアノの場合は、中高音部分の弦をヒッチピンでUターンさせて張られますが、ベーゼンドルファーピアノの弦は「総一本張り」と呼ばれる張弦方式で張られているため、調律が安定しやすく、純粋な響きや音階が実現できます。さらに、低音弦は熟練の職人がすべて手巻きで製作。手間をかけて制作される分、音色に違いが生まれます。

ベーゼンドルファーのグランドピアノでは、音色だけでなく見た目も美しく個性的なデザインの「コレクターシリーズ」も数多く展開されています。

ベーゼンドルファーピアノの買取について

ベーゼンドルファーは190年以上の長い歴史を持つメーカーですが、今日までに製造されたピアノの台数は5万台程度。この数はヤマハの約100分の1、スタインウェイの約10分の1にあたります。日本でも入手困難なモデルが多く、それだけ希少価値が高いため、買取額には期待が持てるでしょう。

ベーゼンドルファーピアノの種類

ベーゼンドルファー 225

コンサートにも対応できる、92鍵盤を備えたセミコンサートモデルのグランドピアノ255。サイズは高さ102cm×横幅159cm×奥行き225cm、重量419kgです。響板面積が広く設けられているため、幅広い音量・音域にて多彩な音色を奏でられます。

ベーゼンドルファーmodel 200

エレガントなフォルムで、ベーゼンドルファーピアノの中でも特に人気の高いモデルが、この200。サイズは高さ102cm×横幅151cm×奥行き200cm、重量353kgです。ベーゼンドルファーならではの歌うような「サスティングトーン」が、低音から高音まで全ての音域を調和させます。

ベーゼンドルファーmodel 275

明るい高音部と、「エクストラベース」と呼ばれる低音部の長3度低いFまで拡張された、92鍵盤を持つモデル275。サイズは高さ102cm×横幅156cm×奥行き275cm、重量430kgです。ウィーンホールでも使われており、強靭なタッチで有名な作曲家「フランツ・リスト」の演奏に唯一耐えたとされるモデルです。

ベーゼンドルファーピアノ買取まとめ

オーケストラのようなサウンドを実現する、ウィンナー・トーンを持つベーゼンドルファーピアノ。手作業によって長い年数をかけて作られるため、世界への普及率も低く、希少価値はかなり高いブランドです。

モデルによっても買取額は変わってきますが、その希少性ゆえ、高値で買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。

高額買取してくれるのは?中古ピアノ買取業者おすすめ5選
中古ピアノ買取業者おすすめ3
ピアノパワーセンター
引用元:ピアノパワーセンター公式HP
http://www.piano-pc.co.jp/
ピアノパワーセンター
査定金額

ヤマハU1H/135,000円

ヤマハU3H/140,000円

この業者について詳しく
タケモトピアノ
引用元:タケモトピアノ公式HP
http://www.takemotopiano.com/
タケモトピアノ
査定金額

ヤマハU1H/80,000円

ヤマハU3H/90,000円

この業者について詳しく
伸和ピアノ
引用元:伸和ピアノ公式HP
http://www.shinwa-piano.jp/
伸和ピアノ
査定金額

ヤマハU1H/40,000円

ヤマハU3H/60,000円

この業者について詳しく
▲ページトップへ